シロアリの予防費用は何故高いのか?? それは業者が生態を理解していないから!!

 

シロアリの予防費用は何故高いのか?? それは業者が生態を理解していないから!!

 

 

本題の前に。。

愛知県や岐阜県のシロアリ駆除費用の相場は、軽く10万以上~20万円くらいは取られます。

そんな中で株式会社プラムプランは、5万~6万円という良心的な価格で施工しています。

かと言って安かろう悪かろうという業者ではなく、そもそも他社の設定金額が高過ぎる!というスタンスです。

しかも施工するのは、シロアリの技能、知識を持った現役の大工さんで、家屋の構造や材質など何から何まで把握してますし、何よりお家のことを第一に考えています。(大工さんだから当然ですね)

シロアリ業界では珍しい(?)良心的な会社です。 よくある質問ページはこちら

 

 

 

シロアリの予防をするために必要なことは、薬剤をまくことではなくシロアリの生態を理

解していることです。

昨今のシロアリ業者の主流は、1坪ごとに作業の単価を決めて、床下のほぼ全域に水

で薄めた薬剤をばらまくことに終始しています。

ですのでシロアリ業者の設定する坪単価が仮に5,000円で、20坪くらいの床面積のお

宅であれば、

5,000円×20坪=10万円

というバカ高い金額になるのです。ただでさえ景気が悪くて無駄な出費は抑えたいとい

うのに、たかがシロアリの予防で10万円も。。

一般的なサラリーマンの月収の3分の1?あるいは半分近く?も取られるのです。

それでも、どうしても必要なお金で、どう頑張ってもそれくらいはかかってしまう、、 とい

うのなら話は別ですが、ぶっちゃけこんな大金は必要ありません。

作業の大半が無駄であり、金額の大半がボッタクリです。

 

 

・作業の大半が無駄とは?

 

シロアリの予防において重要なことは、調査です。つまり冒頭の「シロアリの生態を理

解していること」です。

数年ごとの調査でシロアリの有無は十分把握できますし(これができないようならまず

シロアリ業者失格です)、仮にシロアリを警戒して予防するにしても、前述のように床下

全域に大量の薬剤をばらまく必要もないのです。

床下全域に薬剤をまく、という業者はそもそもシロアリの生態を理解していないために

薬剤に頼らざるを得ない証拠です。

若しくは「使用する薬剤に全域にまけ、という指示があるから仕方ない!」という業者も

また、同じくシロアリの生態していないか、薬剤をたくさん使ってお金を儲けたいか、の

いずれかです。

これは「日本しろあり対策協会」の仕様書に記載がありますが、この背景は、シロアリ

の知識がない業者が予防施工をしても、作業に漏れがないように、「全域にまいておけ

」という指示をしているにすぎません。

 

 

・金額の大半がボッタクリとは?

 

前述のように、そもそもムダに薬剤をまいていますから費用がかさむのは当然ですし、

それに加えて利益を過剰に乗せすぎているからです。原価率なんて、せいぜい3割程度です。(大手などは、酷いと1割程度の場合も。。)

ですから、「薬剤を床下全域にまいているシロアリ業者」には施工をお願いしてはダメです、ということです。

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。