愛知、岐阜でシロアリ予防をするなら、10万円もの費用は必要ないのです。

 

愛知、岐阜でシロアリ予防をするなら、10万円もの費用は必要ないのです。ダマされてはいけません。

 

 

愛知県や岐阜県のシロアリ駆除費用の相場は、軽く10万以上~20万円くらいは取られます。

そんな中で株式会社プラムプランは、5万~6万円という良心的な価格で施工します。

かと言って安かろう悪かろうという業者ではなく、他社の設定金額が高過ぎる!というスタンスです。

しかも施工するのは、シロアリの技能、知識を持った現役の大工さんで、家屋の構造や材質など何から何まで把握してますし、何よりお家のことを第一に考えています。(大工さんだから当然ですね)

シロアリ業界では珍しい良心的な会社です。 よくある質問ページはこちら

 

 

そもそもシロアリの予防をするのに、大金をかけて薬剤を大量に散布するという発想が、シロアリ業界やシロアリ業者が儲けるための常識にされているのです。

 

5年毎に薬剤をまかないとシロアリに家を食い尽くされる!というのがシロアリ業者が押し付けてくるうたい文句ですが、そんなことはありません。

 

まず重要なのは薬剤をまけばシロアリの食害を受けない、とは限りません。薬剤をまいたところが食害を受けた例はいくらでもあります。

 

そして愛知や岐阜(三河の一部の地域は除く)で、仮にシロアリが出たとしても、家が倒壊するほどとか、補修に数百万もかかるような被害は出ません。

 

日本の一般的なシロアリには大きく2種類いまして、「イエシロアリ」と「ヤマトシロアリ」と言います。

 

テレビなどで見かける、家が倒壊するかのようなシロアリ被害の例は、イエシロアリの仕業です。

 

イエシロアリは非常に獰猛で、活動する数も多いので、確かにあのような被害が出る場合もありますが、愛知や岐阜に生息するのは、後者のヤマトシロアリですので、あのような被害は出せません。

 

ヤマトシロアリは、イエシロアリに比べて少数で活動するため、物理的に大規模な被害を出せないのです。

 

よって愛知や岐阜では、数年ごとに点検をしていれば、仮にシロアリの被害を受けたとしても、基本的には数万円レベルの補修費用しか発生しないのが一般的です。

 

最近のシロアリ業者は、もしシロアリの食害があった場合、保険金が500万円とか1,000万円というのを見かけますが、多ければいいというものではありません。 そんな金額を使うことなどありませんので、全くムダな金額です。

 

そして保険金が高いということは、それだけムダに高い費用を払わされているということですし、何よりも悪質なのは、「シロアリは500万円とか1,000万円の被害が出ますよ、だから高い予防費用が必要ですよ」というイメージを植え付けられているのです。

 

冒頭の、
「シロアリの予防をするのに、大金をかけて薬剤を大量に散布するという発想が、シロアリ業界やシロアリ業者が儲けるための常識にされているのです。」

というのはこういうことです。

 

ダマされないようしましょう。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。