ベタ基礎とシロアリ|ベタ基礎は、シロアリの予防効果あり

ベタ基礎とシロアリ

 ベタ基礎は、それだけでベタ基礎ではないタイプ(床下が土)に比べて、シロアリに対しての予防効果があります。
それは単純に侵入されにくいからです。(とは言っても100%ではありませんが、とにかく有利なのは確かです)ベタ基礎への新築予防での穿孔処理は、まず工務店が非常に嫌がります。
※穿孔処理とは、わざわざコンクリートにドリルで穴を開けてそこから地中の土に薬剤を注入するという方法です。見栄え、ベタ基礎への振動、穴が残ることなど何一ついいことはないと、工務店は考えます。
実際、そうした工事ができないことをわかっているからこそ、白対協はベタ基礎表面への吹付けを「土壌処理とみなす」などという事になるのです。
※しろあり対策協会は、床下が土ではなくベタ基礎の場合でも、コンクリートに薬剤をまけば、「土(土壌)処理したと見なす」と言っているのですが、これは実はとんでもなくバカげた考え方です。

 

しかもイエシロアリがベタ基礎直下で生息した場合は、ベタ基礎の穿孔部分がすべて侵入部になります。
穴をコンクリートで塞いでも、ベタ基礎の裏から見れば穴は空いているので、あとからコンクリートで塞いだ部分は簡単に突破します。
※「ベタ基礎の裏から見れば穴は空いている」とは、例えばベタ基礎の厚みが30cmだとすると、そこに穴を開けて、上からコンクリ―トで埋めても、所詮は上からコンクリートを流しているだけなので、もとどおりの30cmの厚みにはならないですし、業者も床下から見て穴が埋まってればOK、という認識ですので、埋めた厚みが10cmくらいだとすると、地中側から見ると、そこは20cmもの窪みになっていることになりますね。シロアリは窪みや、亀裂、すき間といった空間が大好きなので、必ずそこから侵入しようとします。という意味です。

ベタ基礎では、配管部も含めて地下からの貫通部を作らないことこそがシロアリ対策です。
「穿孔する間隔は 1 m を標準とした場合、1 孔当たり 3~5 ℓを標準とする。」というのは、現場を知らない発想です。
地中梁や配管の部分があって、ドリルで穴を貫通させることはできません(無理すれば別ですが)。

 

また、注入した薬剤がどのように広がるかはわからないので、どうしても大量注入になりますが、実際は注入しようとしても思うように入っていかないことが度々です。現場では薬剤が入らなくてもやったようなふりをして終わってしまうこともよくあることです。

ということで、せっかくシロアリに対しての防御性が期待できるのに、無意味な薬剤散布のために、自分からわざわざシロアリの突破口を作りに行っているのが、昨今の業者(シロアリの生態や施工を理解していない業者)なのです。

 



※本サイトは以下の地域を念頭において記載しています。
また下記の地域は、概ねイエシロアリの心配をしなくてもいい地域です。


【愛知県】
名古屋市千種区、名古屋市東区、名古屋市北区、名古屋市西区、名古屋市中村区、名古屋市中区、名古屋市昭和区、名古屋市瑞穂区、名古屋市熱田区、名古屋市中川区、名古屋市港区、名古屋市南区、名古屋市守山区、名古屋市緑区、名古屋市名東区、名古屋市天白区、一宮市、瀬戸市、半田市、春日井市、津島市、犬山市、江南市、小牧市、稲沢市、尾張旭市、高浜市、岩倉市、豊明市、日進市、愛西市、清須市、北名古屋市、弥富市、みよし市、あま市、長久手市、西春日井郡豊山町、丹羽郡大口町、丹羽郡扶桑町、海部郡大治町、海部郡蟹江町、海部郡飛島村


【岐阜県】
岐阜市、大垣市、高山市、多治見市、関市、中津川市、美濃市、瑞浪市、羽島市、恵那市、美濃加茂市、土岐市、各務原市、可児市、山県市、瑞穂市、飛騨市、本巣市、郡上市、下呂市、海津市、羽島郡岐南町、羽島郡笠松町、養老郡養老町、不破郡垂井町、不破郡関ケ原町、安八郡神戸町、安八郡輪之内町、安八郡安八町、揖斐郡揖斐川町、揖斐郡大野町、揖斐郡池田町、本巣郡北方町、加茂郡坂祝町、加茂郡富加町、加茂郡川辺町、加茂郡七宗町、加茂郡八百津町、加茂郡白川町、加茂郡東白川村、可児郡御嵩町、大野郡白川村他、岐阜県ほぼ全域

【三重県】
いなべ市、桑名市、桑名郡

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。