イエシロアリの生態をご紹介!

イエシロアリの生態

一般的にシロアリには主に2種類いまして、一つはヤマトシロアリ、もう一つはイエシロアリです。
当サイトの対象地域にはイエシロアリは99%いませんが、非常にやっかいな種ですので、今回はイエシロアリの生態をご紹介しておきます。

お読みになって頂ければ、「あぁ私たちの地域は恵まれているなぁ」と思って頂けるのは、と思います。

今回は以下のとおり、質疑応答形式でイエシロアリの生態について解説して参ります。

 

〇 例えばイエシロアリは本巣、分巣などご近所の数件レベルの範囲にわたってネットワークを形成しますが、それを時間をかけて、薬剤や誘殺などでネットワークを概ね壊滅させられた(死体の山ができ、脂肪酸が発生し、シロアリの快適環境でなくなった)場合は、その一帯は「いない地域」になりますでしょうか、それとももっと遠くのネットワークから進出してきて、(最初に壊滅させたネットワークを太陽系だとすると、系外から進出してくるようなイメージ)またネットワークを形成して、結果的にはやはり「いる地域」から脱却できないのでしょうか。

 

⇒ イエシロアリは中央集権的な集団ですから、たとえば複数の建物にかかわる規模の集団でも、残蟻や分巣も含めて駆除が成功すれば少なくともその生息エリアは空白になります。
ただ、別集団が近隣にいる場合はそれが侵入してくる場合もありますので、駆除の際は近隣の調査も行うし、敷地内街での1年後の点検や監視ボックスの設置が必要になることもあります。

あるいは、近くの山に強力な巣があり、それが所有権等の事情で駆除できない場合、長期間羽アリが出続けることになるので、それだけ拡散が進むので、駆除現場の付近の情報は常につかんでおく必要があります。

生息密度の波が10年単位で起きるようで、ここ数年目立つようになってきました。
根絶はできないので、このような感じで、定期的に傾向を把握することが大切です。

イエシロアリでは他集団の死滅した跡や予防剤の散布された土地でもほとんど忌避せずに侵入します。

 

〇 新築後10年間はヤマトシロアリ、イエシロアリの気配はなかったが実は地中にはいて、10年目にリフォームしたら、爆発的にシロアリが増えて被害をもたらした、ということはありうるのでしょうか。

 

⇒ イエシロアリが新築現場付近にいれば、新築直後から兆候が出ます。拡大し続けなければならないのがイエシロアリです。

分散して環境に適応して生きるヤマトシロアリでは、建物に関与せずに生きるものもいて、これがリフォームの環境変化で一気に目立つようになることはよく見られます。古民家のリフォームでは注意が必要です。
中古住宅のリフォーム時にはシロアリが見られず、リフォーム後に購入した人が暮らし始めた途端に羽アリが出てトラブルになったことがあります。

 


シロアリ|当サイトの対象地域


※本サイトは以下の地域を念頭において記載しています。
また下記の地域は、概ねイエシロアリの心配をしなくてもいい地域です。


【愛知県】
名古屋市千種区、名古屋市東区、名古屋市北区、名古屋市西区、名古屋市中村区、名古屋市中区、名古屋市昭和区、名古屋市瑞穂区、名古屋市熱田区、名古屋市中川区、名古屋市港区、名古屋市南区、名古屋市守山区、名古屋市緑区、名古屋市名東区、名古屋市天白区、一宮市、瀬戸市、半田市、春日井市、津島市、犬山市、江南市、小牧市、稲沢市、尾張旭市、高浜市、岩倉市、豊明市、日進市、愛西市、清須市、北名古屋市、弥富市、みよし市、あま市、長久手市、西春日井郡豊山町、丹羽郡大口町、丹羽郡扶桑町、海部郡大治町、海部郡蟹江町、海部郡飛島村


【岐阜県】
岐阜市、大垣市、高山市、多治見市、関市、中津川市、美濃市、瑞浪市、羽島市、恵那市、美濃加茂市、土岐市、各務原市、可児市、山県市、瑞穂市、飛騨市、本巣市、郡上市、下呂市、海津市、羽島郡岐南町、羽島郡笠松町、養老郡養老町、不破郡垂井町、不破郡関ケ原町、安八郡神戸町、安八郡輪之内町、安八郡安八町、揖斐郡揖斐川町、揖斐郡大野町、揖斐郡池田町、本巣郡北方町、加茂郡坂祝町、加茂郡富加町、加茂郡川辺町、加茂郡七宗町、加茂郡八百津町、加茂郡白川町、加茂郡東白川村、可児郡御嵩町、大野郡白川村他、岐阜県ほぼ全域

【三重県】
いなべ市、桑名市、桑名郡

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。