庭木にシロアリがいた場合の対処方法

庭木にシロアリ|シロアリの種類と対象地域

本題の前に。。

愛知県や岐阜県のシロアリ駆除費用の相場は、軽く10万以上~20万円くらいは取られます。

そんな中で株式会社プラムプランは、5万円台~という良心的な価格で施工しています。

かと言って安かろう悪かろうという業者ではなく、そもそも他社の設定金額が高過ぎる!というスタンスです。

しかも施工するのは、シロアリの技能、知識を持った現役の大工さんで、家屋の構造や材質など何から何まで把握してますし、何よりお家のことを第一に考えています。(大工さんだから当然ですね)

シロアリ業界では珍しい(?)良心的な会社です。 よくある質問ページはこちら

 

<庭木にシロアリがいた場合の対処方法>


※本サイトは以下の地域を念頭において記載しています。
また下記の地域は、概ねイエシロアリの心配をしなくてもいい地域です。幸いなことに。


【愛知県】
名古屋市千種区、名古屋市東区、名古屋市北区、名古屋市西区、名古屋市中村区、名古屋市中区、名古屋市昭和区、名古屋市瑞穂区、名古屋市熱田区、名古屋市中川区、名古屋市港区、名古屋市南区、名古屋市守山区、名古屋市緑区、名古屋市名東区、名古屋市天白区、一宮市、瀬戸市、半田市、春日井市、津島市、犬山市、江南市、小牧市、稲沢市、尾張旭市、高浜市、岩倉市、豊明市、日進市、愛西市、清須市、北名古屋市、弥富市、みよし市、あま市、長久手市、西春日井郡豊山町、丹羽郡大口町、丹羽郡扶桑町、海部郡大治町、海部郡蟹江町、海部郡飛島村


【岐阜県】
岐阜市、大垣市、高山市、多治見市、関市、中津川市、美濃市、瑞浪市、羽島市、恵那市、美濃加茂市、土岐市、各務原市、可児市、山県市、瑞穂市、飛騨市、本巣市、郡上市、下呂市、海津市、羽島郡岐南町、羽島郡笠松町、養老郡養老町、不破郡垂井町、不破郡関ケ原町、安八郡神戸町、安八郡輪之内町、安八郡安八町、揖斐郡揖斐川町、揖斐郡大野町、揖斐郡池田町、本巣郡北方町、加茂郡坂祝町、加茂郡富加町、加茂郡川辺町、加茂郡七宗町、加茂郡八百津町、加茂郡白川町、加茂郡東白川村、可児郡御嵩町、大野郡白川村他、岐阜県ほぼ全域

【三重県】
いなべ市、桑名市、桑名郡

 

お庭やお庭の木などにシロアリがいた場合の対処方法は、まずシロアリの種類が重要です。

日本には現在、主に以下の2種類のシロアリが生息していますが、上記の地域では99.9%ヤマトシロアリのみが対象であり、イエシロアリは気にしなくてもよいです。(もちろん床下の調査をして最終判断になりますが)

以下に2種類のシロアリの生態を簡単にご紹介しておきます。

イエシロアリ:約数100万匹レベルのシロアリが活動しており、一般的な「シロアリの被害!」と言えば、イエシロアリのことを指します。
イエシロアリは1軒の家だけではなく、ご近所数軒くらいの範囲に渡って1つの本巣と複数の分巣によるネットワークを形成します。(一つの巣で数100万匹の場合もありますし、ネットワーク全体で数100万匹の場合もあります)
よって一つの巣を駆除したとしても、また別の巣からシロアリがやってきて再発生、ということになります。
またヤマトシロアリに比べて活動数が多いため、先述のとおり家屋に与える被害も甚大になります。

ヤマトシロアリ:一つの巣で数万匹レベルのシロアリが活動しており、ネットワークは形成しませんので、イエシロアリに比べれば駆除も楽ですし、家屋に与える被害も知れています。(イエシロアリの100分の1レベルですから)

 

庭木にシロアリがいた場合の対処方法

シロアリの種類を確認して、それがヤマトシロアリであった場合にやるべきことは以下のとおりです。
【ヤマトシロアリの場合】
お庭やお庭の木などが家屋から遠ければ(だいたい5mも離れていれば)、そのまま放置でも問題ありませんが、たぶん不安でしょうから駆除してしまいましょう。
方法は、ホームセンターなどでシロアリ用の薬剤が売ってますので、それを買ってきて拭いて(撒いて)おけば大丈夫です。
(できれば土や木の根っこを掘り起こしてみて、シロアリがウジャウジャいるところへスプレーなどの薬剤を拭いて、死滅するのを確認しましょう)
②お庭にシロアリがいたのですから、もしかしたら巣が地中から家屋にも延びているかも知れませんので、家屋も確認しましょう。
手順は以下のとおりです。・家屋外周の基礎部分に蟻道(シロアリが土で作った、地中から床下につながるトンネル)が無いかを確認しましょう。

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89

・玄関ドアの外側と内側の柱部分に、プスプスとした穴が開いていないか、またそこから砂が吹き出て(漏れて)いないか確認してましょう。
※これは特にベタ基礎の場合、玄関ポーチの階段部分などは、基礎と一体化しておらず、後付けで土を盛って、その周りをコンクリートで固めた仕様が多いです。
すると地中から、後付けした土の部分を通って床下に侵入する場合がありますので、その途中で玄関ドアの周りを通過する際、上記のような症状が見られるのです。

・勝手口周りも玄関ドア同様に確認しましょう。

・最後に床下にもぐって、内部にも蟻道が無いか確認します。

ちなみにシロアリ業者は、家屋でもお庭でもシロアリを見つけたら、シロアリ業者に連絡しましょうと言いますし、上記のように対処しましょうとは絶対に言いません。
むしろ素人は手を出さないで下さい!と言いますが、これはシロアリ業者が自分たちの儲けが減ってしまうのでこのように言うだけであって、家屋から離れたお庭のヤマトシロアリの巣を駆除するくらいご自身で十分対処できますし、薬剤も市販品で十分です。
また点検も十分ご自身でできます。

 

【イエシロアリの場合】

これはシロアリ業者を呼びましょう!前章で生態を説明させていただいたとおり、イエシロアリはさすがに無理です。
ただ冒頭のとおり、当サイトの対象エリアではイエシロアリは恐らくいないですけどね。

またシロアリの区別ができない場合も、仕方ないのでシロアリ業者を呼んで下さい。

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。