シロアリ消毒は高過ぎる!!それはなぜか?? 岐阜、愛知

シロアリ消毒が高い理由 ボッタクリ

 


※本サイトは以下の地域を念頭において記載しています。
また下記の地域は、概ねイエシロアリの心配をしなくてもいい地域です。幸いなことに。


【愛知県】
名古屋市千種区、名古屋市東区、名古屋市北区、名古屋市西区、名古屋市中村区、名古屋市中区、名古屋市昭和区、名古屋市瑞穂区、名古屋市熱田区、名古屋市中川区、名古屋市港区、名古屋市南区、名古屋市守山区、名古屋市緑区、名古屋市名東区、名古屋市天白区、一宮市、瀬戸市、半田市、春日井市、津島市、犬山市、江南市、小牧市、稲沢市、尾張旭市、高浜市、岩倉市、豊明市、日進市、愛西市、清須市、北名古屋市、弥富市、みよし市、あま市、長久手市、西春日井郡豊山町、丹羽郡大口町、丹羽郡扶桑町、海部郡大治町、海部郡蟹江町、海部郡飛島村


【岐阜県】
岐阜市、大垣市、高山市、多治見市、関市、中津川市、美濃市、瑞浪市、羽島市、恵那市、美濃加茂市、土岐市、各務原市、可児市、山県市、瑞穂市、飛騨市、本巣市、郡上市、下呂市、海津市、羽島郡岐南町、羽島郡笠松町、養老郡養老町、不破郡垂井町、不破郡関ケ原町、安八郡神戸町、安八郡輪之内町、安八郡安八町、揖斐郡揖斐川町、揖斐郡大野町、揖斐郡池田町、本巣郡北方町、加茂郡坂祝町、加茂郡富加町、加茂郡川辺町、加茂郡七宗町、加茂郡八百津町、加茂郡白川町、加茂郡東白川村、可児郡御嵩町、大野郡白川村他、岐阜県ほぼ全域

【三重県】
いなべ市、桑名市、桑名郡

シロアリには大きく2種類ありまして、イエシロアリとヤマトシロリです。 シロアリの被害として、家じゅうの柱がボロボロに。。のような写真をたまに見かけますが、あれは上記の2種類で言いますと、イエシロアリの仕業です。
ヤマトシロアリとは基本的に生態が大きく異なります(数や特性など)ので、あのような被害はヤマトシロアリでは出せません。
そして冒頭にあるとおり、当サイトの対象地域ではイエシロアリは99.9%いません。ラッキーですね。
よってあまり大したことないヤマトシロアリだけですので、シロアリの予防をするにもかけるお金も少なくて済む! はずなのですが、シロアリ業者が生態を理解していないのか、知っているけど儲からなくなるから黙っているのか。
とにかくこの地域では、もちろん調査は必要ですがシロアリの予防にあまり高いお金を使う必要性がないのです。
考えてもみて下さい。 シロアリの被害に遭うこと自体がそんなに可能性が高くないですが、仮にヤマトシロアリに侵入されて床下の木材を食害されたとしても、被害額はせいぜい数万円です。 10万円を越えるような被害は、この地方ではあまり聞いたことありません。
でも予防費用には、10万円前後、ひどいと20万円近く取られていますよね。
なぜ、被害にあったとしても、たかだか数万円のことに10万円というレベルのお金を払う必要がありますか?
しかも薬剤の効果が。。 といっては5年ごとにまたお金を取られて。 おかしいと思いません??
これがシロアリ業者がボッタクリであることと、不必要に薬剤をばら撒いている根拠です。
それの原因はシロアリ業者、ひいてはしろあり対策協会にあるのです。
⇒詳しくは、当サイトの別ページをご覧ください。 日本 しろあり 対策 協会の実態!

 

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。