シロアリの対策|愛知県、岐阜県の場合

 

シロアリの対策|愛知県、岐阜県

 

 

<シロアリの対策 愛知県、岐阜県>

 

日本国内では、基本的にイエシロアリヤマトシロアリという2種類のシロアリがいます。(他にもアメリカカンザイシロアリなどもいますが、ここでは除外します)

地域によってあるていどのシロアリ生息の傾向がありますので、ここでは愛知県の尾張地区(名古屋、一宮など)と岐阜地区(岐阜、羽島など)に特化した対策などをご紹介します。

 

自分たちの地域に生息するのが何シロアリなのか?は、実は予防や対策をする上で、もっとも重要な要素なのです。
対策にかかる費用(金額)も大きく変わってきます。

 

そしてここで対象としている愛知県の尾張地区と岐阜地区は、基本的にはヤマトシロアリのみの生息で、幸運なことにイエシロアリはあまり見られません。

先述のイエシロアリとヤマトシロアリについてですが、「シロアリの被害」として、家屋の柱がボロボロに食い荒らされた、下のような写真をよく見かけると思います。

 

このような甚大な被害をもたらすのは、実はイエシロアリだけなのです。
ヤマトシロアリでは、基本的にはここまでの被害は出せません。
その理由は、まず集団の中で活動するシロアリの数が違うからです。

 

ヤマトシロアリが床下などに巣を作ったとして、そこで女王アリが卵を産んで仲間を増やしたとしても、せいぜい数万匹ですが、イエシロアリの場合は、その100倍の数百万匹のシロアリが活動します。
イエシロアリの場合は本巣、分巣を作って、土中にネットワークを形成します。
その範囲は、ご近所の数軒分くらいに渡る場合もあります。

 

仮に巣が単体で存在していたとしても、数十万、数百万というレベルでシロアリが活動していますので、イエシロアリはヤマトシロアリとは被害の規模が違うわけです。

 

これは同じシロアリでも、種類が異なれば生態も異なりますので仕方ありません。
ちなみに、ヤマトシロアリは日本全国に生息していますが、イエシロアリについては寒いところには見られず、北緯35度から36度あたりのラインよりも南側の比較的暖かい地域に生息しています。(もちろん厳密には調査をしてみないといけませんが)

 

布基礎がベタ基礎かの違いで若干異なりますが、ざっくり以下のような項目を調査します。

 

・基礎の外周(勝手口、ベタ基礎の水抜き、配管等)
・床下の基礎(基礎の内周)や束石周辺
・大引や根太などの木材
・玄関ドアの内枠や土間
・過去の駆除、点検履歴

 

そしてシロアリによる被害が無い、もしくはシロアリの生息する兆候が見られないことを確認できれば、新築時や築5年未満でなければ、恐らくそのお宅にはシロアリが発生する可能性が低いと言えます。

 

上記のシロアリというのは基本的に土中で生活しており、地上では生活できません。(実はひ弱な生き物ですので、外気に晒されては生きられない)
そしてシロアリが発生する要因と言うのは、多くは新築時や大きなリフォームなどのように地上で大きな動きがあった場合が該当します。

 

そのような大きな動きは、シロアリに限らず、土中を含めその周辺で生活する生き物の生態系に少なからず影響を与えます。その中でもシロアリが特に顕著なので、そのような場合に活動が活発化し、シロアリの数が増え、巣を拡大させ、その過程で土中から基礎を経て、家屋に進出してくることがあるのです。

 

ちなみにこの進出してくる過程で、シロアリは床下であっても基本的に外気に晒されて生きられないので、いわゆる「蟻道」「泥線」といった、トンネルを土と自分たちの糞で作って、作りながら最終的に木材に到達して、そこで木材を食べながらそこで営巣するのです。

 

調査の際、この蟻道や泥線からシロアリの兆候などを見ることができるわけです。

話が逸れましたが、新築から5年ていど経ってもシロアリの兆候が見られないようなら、基本的にはその後もそこにはシロアリが来ない可能性が高いです。

もちろん予防用の薬剤をまいて、5年ごとに点検さえしていれば全く問題ありません。

 

 

当サイトの対象地域


※本サイトは以下の地域を念頭において記載しています。
また下記の地域は、概ねイエシロアリの心配をしなくてもいい所が多いです。幸いなことに。


【愛知県】
あま市、 愛西市、 一宮市、 稲沢市、 海部郡、 岩倉市、 犬山市、 江南市、 春日井市、 小牧市、 瀬戸市、 清須市、 西春日井郡、丹羽郡、津島市、日進市、 尾張旭市、 北名古屋市、 名古屋市 港区、 名古屋市 守山区、 名古屋市 昭和区、 名古屋市 瑞穂区、 名古屋市 西区、 名古屋市 千種区、 名古屋市 中区、 名古屋市 中川区、 名古屋市 中村区、 名古屋市 天白区、 名古屋市 東区、 名古屋市 南区、 名古屋市 熱田区、 名古屋市 北区、 名古屋市 名東区、 名古屋市 緑区、 弥富市

【岐阜県】
安八郡、 羽島郡、 羽島市、 海津市、 各務原市、 関市、 岐阜市、 瑞穂市、 多治見市、 大垣市

【三重県】
桑名市、桑名郡



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。