シロアリ駆除の業者は、何が悪質なのか??

 

シロアリ駆除の業者は、何が悪質なのか?

 

本題の前に。。

愛知県や岐阜県のシロアリ駆除費用の相場は、軽く10万以上~20万円くらいは取られます。

そんな中で株式会社プラムプランは、5万円台~という良心的な価格で施工しています。

かと言って安かろう悪かろうという業者ではなく、そもそも他社の設定金額が高過ぎる!というスタンスです。

しかも施工するのは、シロアリの技能、知識を持った現役の大工さんで、家屋の構造や材質など何から何まで把握してますし、何よりお家のことを第一に考えています。(大工さんだから当然ですね)

シロアリ業界では珍しい(?)良心的な会社です。 よくある質問ページはこちら

 

では、本題です。

 

 

シロアリ駆除の業者は、何がどう悪質なのか? 今日びのシロアリ業者は、だいぶ「明かな詐欺」というのは減りました。
でもそれと同じくらい厄介なのは自分の「無知」を認識してない業者です。
確かに「詐欺をして儲けよう!」という悪質さは少ないのですが(儲けよう、という意識はアリますが)、シロアリに関する様々な知識も少ないのです。
そして何故か自分が知っていることが全てだと思っているようで、間違ったことを一生懸命やってます、お客さんに高いお金を払わせて。。

 

a150710_007

 

悪質なのと無知なのは、どっちが厄介なのかというのは難しいです。
例えば学生時代に、先生に反抗してわざとテストで悪い点を取る子がいました、当然ながら成績は悪いです。
一方、真面目に一生懸命 勉強しているのにテストの点が悪い子がいました。
どっちが厄介ですかね、というようなカンジです。どっちもそれぞれに厄介ですよね。。

そしてシロアリ業者もそれなりに勉強はしてて、資格を取ってる人もいますが、

・業者の皆が皆、理解力がある賢い人ばかりではない
・資格を取ったからと言って、仕事がデキるかどうかは別
(英検を取っててもしゃべれない、みたいな)

というわけで、確率的に無知でおバカさんな業者が、一定数いるのは当然のことです。

さて、無知を認識していない(間違ったことをしている)とは、具体的にどういうことかと言いますと、

・シロアリの生態を知らない
・薬剤の使い方を知らない
・施工の仕方を知らない

のです。それぞれ次章にてご説明します。

 

シロアリ駆除の業者|生態を知らない

<シロアリ駆除の業者は、何が悪質なのか?>

・シロアリの生態を知らない

とあるシロアリ業者の話を一例として上げますが、あるお宅でヤマトシロアリによる、被害が出ました。
木部に営巣し、食害がありましたが、その時は薬剤で駆除して事なきを得ました。
しかしその時、その業者が驚きの言葉を発しました。

「駆除はしましたが、またシロアリが戻って来るかも知れませんので、気を付けてください」

はい??シロアリが戻って来る??ご冗談でしょう。
シロアリを駆除して、死体が多ければ脂肪酸が多量に残り(ヤマトシロアリだと一般的に1つの巣で2~3万匹ほどいる)、その後シロアリにとって不都合な微生物、カビが発生し、他の生き物が入り込むなど、シロアリがあえて戻ってきて住む場所ではなくなるのです。

分散型のヤマトシロアリは、そこに固執するより別の場所で生きるほうがたやすいし、そのほうが自然です。
だから、一旦駆除に成功すれば、そこに同じヤマトシロアリの他の集団が再び住み着くことはないのです。
イエシロアリですら巣が死滅した同じ場所に営巣しません。

こんなことはシロアリの生態を勉強しており、ある程度の経験があれば分かることです。

この例に挙げた業者は、一応、お客さんの心配はしているんですよね。
でもこの業者はこの後、来もしない所に、お客さんから高いお金を貰って、ムダに薬剤をまき続けるんでしょう、薬の効果が切れたと言っては5年ごとに。。

とりあえず資格は持っている、という業者にありがちです。

これはほんの一例ですが、知識(向学心)も理解力も無い業者に、各家々によって変わる環境や状況に、臨機応変な対処ができるわけありません。

ですから、いくら誠実で悪意は無くとも、無知ではダメなのです。

 

%e8%82%b2%e6%af%9b%e5%89%a4%ef%bc%91

 

シロアリ駆除の業者|薬剤や施工の意味を知らない

<シロアリ駆除の業者は、何が悪質なのか?>

・薬剤や施工の意味を知らない

2016年現在、使われている薬剤は、ほとんどが水で希釈するタイプで、倍率は20倍とか50倍といったレベルです。

そしてこれを1坪あたりに「約10リットル」というレベルでまくのです。(1坪はたたみ2枚分の広さ)
これを仮に、1階の床面積が15坪のお家にまくとすると、
10リットル×15坪=150リットル!?

まぢですか。。床下に湿気は禁物だ、とか言っててその床下にお風呂1杯分の水をぶちまけて、ビショビショにするんですよ。
薬剤が混ざってると言っても、98%以上が水ですよ。

ベタ基礎では、水たまりができます。
せっかく新築時の水分が抜けた頃に「保証が切れた」といってまた水浸しにするのでから。。
大量の水分が蒸発するのですから、特に合板類の劣化にもつながります。
もちろん、ベタ基礎だけでなく布基礎でも同じです。

そして問題はこれだけに留まりません。
大量に薬剤をまくということは、薬剤のお金をお客さんが払わされているということです。

薬剤をまけばまくほど、薬剤代に乗った高額な利益が業者に転がり込みます。
シロアリのお金がやたら高い理由はこの辺りにもあります。

これを悪意が無く「決まりですから」と、シロアリの生態や各家々の状況を考えず、マニュアル的にこなしている業者の多いこと。。

このマニュアル化の背景には、シロアリに関する様々な知識や理解力の無い施工者でも失敗しないように、シロアリが大量にいても全くいなくても、床下をビショビショにしとけば間違いないだろう、という発想があります。
全くもって理解できませんが。。

例えば、病院に「お腹が痛い」という人が来たら、普通は「どのへんが痛いの?」とか色々問診や触診した情報や、年齢、性別などを踏まえた上で「この症状が疑われるので、こういう検査をしましょう」といった調査→対策をするでしょう。
間違っても、疑われる病気に該当する全ての薬を飲ませる、なんてことはしませんよね。
でも無知な業者はこんなことをしているわけです。。

というわけで、真面目で誠実 にダマされませんよう。。相手はダマす気は無いですが。

※本サイトは以下の地域を念頭において記載しています。
また下記の地域は、概ねイエシロアリの心配をしなくてもいい所が多いです。幸いなことに。

 

【愛知県】

あま市、 愛西市、 一宮市、 稲沢市、 海部郡、 岩倉市、 犬山市、 江南市、 春日井市、 小牧市、 瀬戸市、 清須市、 西春日井郡、丹羽郡、津島市、日進市、 尾張旭市、 北名古屋市、 名古屋市 港区、 名古屋市 守山区、 名古屋市 昭和区、 名古屋市 瑞穂区、 名古屋市 西区、 名古屋市 千種区、 名古屋市 中区、 名古屋市 中川区、 名古屋市 中村区、 名古屋市 天白区、 名古屋市 東区、 名古屋市 南区、 名古屋市 熱田区、 名古屋市 北区、 名古屋市 名東区、 名古屋市 緑区、 弥富市

 

【岐阜県】

安八郡、 羽島郡、 羽島市、 海津市、 各務原市、 関市、 岐阜市、 瑞穂市、 多治見市、 大垣市 他岐阜県全域

 

【三重県】

桑名市、桑名郡

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。