シロアリの駆除や予防を安くて確実にする業者

シロアリ駆除、予防を安く確実にする業者|シロアリの駆除や予防において重要なポイントは、シロアリの生態を熟知していること、これが全てです。昨今ではこの考え方が欠落した業者が多く存在します。そんな中で良い業者を見極めるのに必要なことは??

*

シロアリの駆除は、予防でもある|表裏一体

   

・駆除は予防でもある

ヤマトシロアリは小さく分散することで生き残ろうとしますし、分散することで適応できる環境を求めて、その結果、イエシロアリのいない場所でも広く生息できています。
彼らが生きていた場所は、彼らが偶然遭遇した環境であり、彼らもまた偶然そこに適応出来ました。
そこで彼らが何らかの事情で自然に死滅するとか、駆除されてしまうと、そこは「理想的な環境」ではなくなってしまいます。
死体が多ければ脂肪酸が多量に残り、不都合な微生物、カビが発生し、他の生き物が入り込むなど、シロアリがあえて戻ってきて住む場所ではな くなるのです。
分散型のヤマトシロアリは、そこに固執するより別の場所で生きるほうがたやすいし、そのほうが自然です。

そこに固執するより別の場所で生きるほうがたやすい、の「そこ」の定義(範囲)につきまして、例えば床下の東側で駆除されたら、次は薬剤も死体も無い西側に来たりするのか? とお考えになるかも知れませんが、目がない生き物ですので、東から西に移動することはありません。
駆除された集団の生息エリアが「そこ」です。

後からたまたま「そこ」に到達した集団や羽アリがいたとすれば(可能性は低いですが)、死滅や駆除でカビや異物・天敵のはびこるエリアに立ち入らずにその近くで生き延びようとします。
そして運良く生き延びたとすれば、かつての集団とは異なる形(環境とのバランス)で生きます。

つまりピンポイントでも駆除に成功すれば、旧生息エリアに立ち入るものはいないという意味で予防になるのです。

駆除の時点でひょっとしてやや離れた所に別のヤマトシロアリがいるかもしれません。
しかし、現状で建物に関与して生きられたのは、現状で目視できたものだけであって、見えていないものは建物に関与せずに生きているもですから、アバウト5年程度で点検すれば、勢力が目立って大きくなったものだけ駆除できます。

1件の家で被害になるのは、新築やリフォームといった環境変化などの結果ですので、シロアリのアタックが同じような調子で続くわけではありません。いない方面は環境変化がなければ生物的なバランスができて、変化はごく緩慢になります。


だから、長く効力のある薬剤で駆除しようが、市販の殺虫剤で駆除しようが、一旦駆除に成功すれば、そこに同じヤマトシロアリの他の集団が再び住み着くことはないのです。
イエシロアリですら巣が死滅した同じ場所に営巣しません。

 

 

 - シロアリ 駆除 , ,